お給料の面でも良い点があるんです

キャバクラ派遣を利用して夜のお店で働くことには、いろいろなデメリットがあります。
敵も多くなるし戦わなければならないことも出てくるでしょう。

お店のママやボーイ、派遣元の会社やお客様、そして周囲の人たち、いろいろなところに嫌われて、時に対立して働くこともしばしばありますが、それでもお店に所属するのではなく派遣という形で働くことを選ぶ女の子は増えていて、そういう女の子たちはこの働き方にいくつものメリットを感じるからこそこれを選択しているんです。

お店に直接雇用されている女の子と比べると派遣の女の子はバックや指名料が受け取れないし、アフターや同伴で稼ぐこともできない、時給もアップしないなど、お給料の面で不利だと言われていることも多いですが、お給料の面で言えば、必ずしもデメリットばかりではありません。

派遣のキャバクラ嬢は、完全日払いです。
その日しかそのお店で働かないので、日払いでお給料を受け取ることができます。
直接雇用だとこれができないお店もありますし、気がついたらお店の経営が傾いて未払いのままお店が潰れるというリスクもゼロではありません。

しかも、最初から高時給に設定されていることも多くて、直接雇用に多い「最初は1,000円スタート」なんていう低い時給で働かされることもほとんどないんです。
キャバクラで働くことが未経験の女の子でも、こうした安心感や利点を感じる、それがキャバクラ派遣のいいところなんですね。

  働き方も自由で楽なのが派遣のキャバクラ嬢

派遣という働き方は、働きたいときに働ける、これが何よりのメリット。
例えば、普段はOLとして働いている女性や学生として学校に通っている女の子、他の仕事をしているフリーターも、派遣という形であれば副業として空いた時間を利用しながらキャバクラ店でしっかりとお金を稼ぐことができるんです。

つまり、シフトが組みやすい、これが派遣のいいところ。
もちろん、これはキャバクラ嬢一本で稼いでいる人にも言えますよね。
直接雇用だと、売れっ子にならないとシフトの融通は利かないし、あまりにも休む日が多いと時給もアップしなかったり、働きたいときにシフトに入れてもらえないということも出てきます。

でも、キャバクラ派遣ならシフトが組みやすい上に、久しぶりに働いても時給は変わりません。
お金が欲しいときに稼ぐことができる自由さが派遣にはあるんです。

さらに、営業がいらないのも派遣を選ぶ人が多い理由の一つ。
お客様に対してメールやLINE、電話をするなどの営業がいらないだけでも働き方はとても楽になります。
お店に出たその瞬間だけがんばればOKなのがキャバクラ派遣なんです。

自由さや楽さ、これがあるから派遣で働く女の子が増えているんですね。
「No.1」という肩書きは得られないかもしれないけど、メリットがたくさんありますから、やっぱり派遣という働き方を選んでおいて損はないのかもしれません。