派遣元がお給料を不正に搾取?

派遣元である派遣会社があって、そこに登録したキャバクラ嬢は、人が足りないキャバクラ店などの夜のお店に派遣され、そこで仕事をしてお金を稼ぐ…。
これがキャバクラ派遣の大まかなシステムですが、派遣会社やキャバクラ店と比べて、派遣されたキャバクラ嬢は、立場的には少し弱くなってしまう傾向があります。

雇用される側はいつでもどの職種でも立場が弱いものですが、水商売であれば、なおさらそれが顕著になってきてしまうことがあるんです。

それがはっきりとわかるのが、お給料を派遣元に搾取されてしまう、いわゆるピンハネ行為。
しっかりと働いても割に合わないお給料しか受け取れない、時給が極端に低いなんてこともありますし、中には約束していた時給とは異なるお給料しか支払われなかったという例も。

これは、派遣制度を利用するキャバクラ嬢と派遣元との戦いと言ってもいいでしょう。

もちろん、絶対に派遣元がピンハネ行為をするとは限りません。
中にはそういうところもあるということを知っておく、これがとても重要なんです。

  派遣元のピンハネを避けるためには?

派遣元とは争わないのが鉄則。でも、そのためにはちゃんとした派遣会社を選ぶ責任も、キャバクラ嬢側にはあると思っておきましょう。
ピンハネなどの被害に遭わないためには、また、割に合わない仕事をさせられないようにするためには、ちゃんとした派遣会社を選ぶ、これしか対処のしようがありません。

最近はキャバクラ派遣というシステムもだいぶ浸透してきたので、働きたいと思った時

にすぐに登録してしまう女の子が増えてきています。
ちゃんと派遣会社のことを調べずに登録してしまうんですね。
それではとても危険です。
その派遣会社がどのようなところなのかをしっかりと見極めてから登録しましょう。

もし近くに派遣という形でキャバクラ嬢として働いている人がいるのであれば、紹介してもらうのがいいかもしれません。
そういう人が近くにいない場合には、インターネットの掲示板などで派遣会社の評判をチェックした上で選択してみてください。

選択した後もすぐに登録するのではなく、どのような給料体系になっているのか、時給の額や労働時間、労働内容なども合わせて確認して納得してから登録すること。

こうしたことをしっかりとしてから登録し派遣してもらえば、少なくとも派遣元の会社と対立したりトラブルになったりすることはなくなるでしょう。