がんばって働いてもお客様とは一回きり

派遣のキャバクラ嬢には、いろいろとツライところがあるんです。
その一つが、お客様との戦いですね。
お客様との関係にもキャバクラ派遣の女の子ならではの悩みというか、大変なところというか、お店に所属している女の子と比べてちょっと不利なところがあるんです。

キャバクラ嬢として働くからには、一生懸命お客様とおしゃべりをしたり、お酒を飲んでもらったりして満足してもらわなければいけません。
そうやってお客様と楽しい時間を共有すると、自分のことを気に入ってくれる男性もしばしば出てきます。

普通だったら次の来店時も、その男性のお客様に指名してもらったりできるんですが、派遣のキャバクラ嬢の場合には一回きりなんですよね。
つまり、リピーターになってくれないんです。

男性のお客様がリピーターになりたいと思ってくれていても、次もそのお店に派遣されるかはわからないし、次に派遣されるのがいつになるかもわからないので、実質リピーターになってくれない。それが派遣という働き方です。

一回きりで終わってリピーターになってくれない、指名され続けてもらえないということは、収入に限界があるということでもあります。
収入は働いた時間分の時給だけ。
基本的にはバックもなければ、指名料もありません。
同伴出勤やアフターの手当てもなし。

こういう面もあるので、バリバリがんばりたい!という女の子にとっては物足りなさも感じてしまうかもしれませんね。

  ファンを獲得できないとツライのがキャバクラ嬢

上でも説明しましたが、要は、キャバクラ派遣という働き方を選択すると、固定のファンを獲得することができないんです。

これは収入面でも、お店に所属している女の子と比べると劣ってしまう可能性が出てきますし、やる気の面でも適当さが出てしまったり意欲が湧いてこなかったり、なんてことも考えられるでしょう。

やる気や意欲が湧いてこないと、お客様に対してしっかりとした接客ができなくなって、お店にも迷惑がかかることもあるかもしれません。
そうすると、「派遣されたキャバクラ嬢はダメだ」と思われてしまい、さらに仕事が減ってしまうことも…。
こうなってしまっては悪循環でしかないですよね。

キャバクラ派遣はとても手軽に働くことができて気持ち的にも楽な面がありますが、お客様との関係性を考えると少し薄っぺらくなりがちで、ここに物足りなさを感じることが出てくることがあります。

どのようにお客様と接していきたいか、どんなキャバクラ嬢を目指しているのか、それによって、派遣にするのか所属のキャバクラ嬢でいくのかの選択が変わってくるのかもしれません。