周囲の人からの視線に耐えられる?

日本はまだまだ学歴社会の名残が残っていますよね。
そのせいか、定職についていない人はダメ、というレッテルも貼られてしまう状況があります。
少しずつ変わってきてはいますが、非正規雇用は一人前ではないと周囲の人に見られてしまう、そんな環境はまだまだ続くのかもしれません。

派遣という雇用形態で働く人も一緒。
しかもそれがキャバクラ嬢だったら、周囲の人はさらに冷たい目で見ることでしょう。
この世間の目にどれだけ耐えられるか、これもキャバクラ派遣を利用する女の子の抱える問題となるのかもしれませんね。

キャバクラ嬢は、若い女性の憧れの職業でも上位に上がるほどにはなってきました。
それでも理解してくれない人がまだ多いのが現状。
お店に所属していればそれを定職として考えてもらうことができるかもしれませんが、派遣という雇用形態ではそれも難しい。

水商売でしかも直接雇用じゃないとなれば、どんなにそのメリットを訴えて、しっかりと稼いでいることを主張しても、世間の目全体を変えることはできないでしょう。

家族や兄弟、友人や恋人などからも、もしかしたら冷たい目線を浴びせられるかもしれません。
それとの戦いも、キャバクラ派遣を利用する場合には壁となって待っていることを知っておく必要がありそうです。

自分の中で動機や理由を整理できるかがポイント

派遣という雇用形態でキャバクラ嬢として働くのであれば、世間の目や周囲の目が冷たいのは承知で、それをいかに気にしないで働けるか、ここがポイントになってくるでしょう。

つまり、自分の中で納得してキャバクラ嬢として働き、しかも派遣という働き方を選んでいると自信を持って言えるかどうか、これが大切になってきます。

動機がしっかりとあればいいんです。
水商売でしかも直接雇用じゃない、それをわざわざ選んでいる確固たる理由が自分の中にちゃんとあれば、きっと周りがどうこう言おうとも気にすることなくキャバクラ派遣のシステムを利用して働き続けることができるはず。

逆に、自分の中にそうした理由や動機が見つからず、周囲の人の冷たい視線に耐えられないのであれば、派遣のキャバクラ嬢として働くことは向いていないのかもしれません。

まずは、キャバクラ派遣のメリットをしっかりと自分の中で整理して押さえておきましょう。
もちろんデメリットも整理しておくことを忘れずに。

それと同時に、直接雇用でお店に所属するキャバクラ嬢のメリットやデメリットも整理してみれば、派遣という働き方を選ぶ動機や理由が見つかるのではないでしょうか。