シフトや収入の面で不利な派遣のキャバクラ嬢

キャバクラ派遣を利用してキャバクラ店で働く女の子は、働き方やお給料の面で、それぞれのお店に所属しているキャバクラ嬢の女の子との間にちょっとした差が出てきてしまうことは間違いないでしょう。

例えば、シフトが少なくなってしまうことが考えられます。
派遣のキャバクラ嬢は、言ってみればヘルプのような存在です。
所属している女の子が多くて、しかもその女の子たちが毎日のように出勤してくれれば、忙しい時期やお店が混んでいる時でも対応できます。

所属している女の子が少なかったり、たまたま休みが重なって繁忙期に対応できないときに呼ばれるのが派遣のキャバクラ嬢です。

つまり、お店が暇な時というのは用無しなんですね。
お店が忙しくても、所属している女の子が十分な数いれば対応できるわけですから、状況によって派遣の女の子はシフトが少なくなってしまって当たり前なんです。

シフトが少なくなる、出勤数が少なくなる、こうなるとお給料が減ってしまうのも当たり前。
それに加えて、キャバクラ派遣を利用している女の子たちは、お店の子たちと違ってバックがないケースがほとんど。

どんなに売り上げてもバックがないので、もらえるのは時給だけ。
こんな状況とも戦わなければなりません。

キャバクラで働く際には、派遣のメリットもあるんですが、もしお金を稼ぐことだけに集中したいのであれば、こうした不利な面がキャバクラ派遣の女の子にはあるということを知った上で利用した方がいいでしょう。

  ママのいるお店では特に厳しい戦いに?

夜のお店には、ママと呼ばれる存在のいるお店も少なくありませんよね。
そんなお店でも派遣の女の子を働かせているところがちょこちょことありますが、ママのいるお店では、このママとの戦いが繰り広げられることもあるので気を付けましょう。

少し言い方を厳しくすると、明らかに差別されているのを感じることも出てくるはずです。
派遣の女の子とお店の子、ママが大切にするのは、もちろんお店の子たち。
派遣の女の子は一時的なお付き合いですから、ママも面倒を見ようとはしません。

派遣の女の子を呼んだけれども、思っていたよりもお客さんが入らなくて、このままだと女の子を持て余してしまう、そんな状況になったら、「もう帰っていいよ」と言われるのは、もちろん派遣されてきた女の子です。

働いた分しかお給料がもらえませんから、ママの気分次第であんまり稼げない日も出てきてしまう、そんなことも実際にあるのが派遣のツライところ。

ママから少々厳しい扱いを受けることも覚悟しておきましょう。
これも一種の差別のようなもの。
ただ、派遣で働く以上、それは当たり前のようにあるという心構えを持ちながら働き始めるのがいいのかもしれません。

事前にこのような状況もありうると知っておくことで、心の準備もできて、その差別や戦いにも負けることなくお金を稼ぐことができるようになるはずです。